健康診断で異常がなければ健康か?健康を支えるのは食事と運動の生活

スポンサーリンク
LIFE

私は健康ですかと聞かれたら間違いなく健康ですと答えるでしょう。しかし関節の痛みなどが出る事が増えました。

スポンサーリンク

健康診断結果は良好!過去に腰痛症を発生した事も

というのは健康診断とか人間ドック検査において異常が見つからないと言うことで健康だと考えてます。でも実のところやはり膝が痛かったり股関節が痛かったりとか痛みを感じることがあります。

だから厳密に言うと健康とは言えないかもしれません通常の健康診断の結果に異常がないとか病院通いをしてないとかいうことからすると健康だと言えると思います。

私の健康を支えているのは何かと言いますともう35年以上前なりますけども、引っ越しをした時に腰を痛めました。

そうです、ぎっくり腰を発症しました。

これは結構厳しく、かなり辛い思いをしました。次の日からの仕事に差し支えると考え、知り合いが世話になっているの整体治療院を訪ねることにしました。

電車を使って1時間30分かかり、その現場に行くのにも大変でした。翌日から仕事をしたかったので痛みをこらえて行きました、結果としては完全には治りませんでしたけども何とか歩けるようになったということでなんとか次の日から仕事ができました。

それをきっかけに、これは腰の重要性に気付き、会社の健康担当部門の健康管理室に行き相談しました。腰が痛いんだけども腰を鍛える何かないですかねという話をしたところ、そんなすぐに治す方法はないけども会社として健康ウオーキングイベントを開始する予定があると聞き最初から参加する事を決め参加しました。

早速その日から昼休みの食事前に実施し、帰宅後自宅周辺を朝夕行う事にしました。私の性格上何か始めるととことんやるという性格ですので帰ってから自宅に戻ってからと翌朝会社行く前にウォーキングということでウォーキングを習慣づけました。

そして土日も含めて朝とから夕方に2回行うという感じで、長い時は20キロ以上歩いたりとか結構ハードなことをやりました。

大体ペース的には心臓の鼓動が少し早まるぐらいのペースで大体1時間から2時間ぐらいは普通に歩いてました。それを長いことを続けて結果、ぎっくり腰は何年かはありましたけども発生頻度が少なくて済んでいました。

20年ぐらいしてからは、ぎっくり腰とは全く無縁になった感じです。

今でも色々と準備で体を動かしますけどもぎっくり腰とか腰痛とかいうことにはなることはありません。自分の努力もそうですけどもウォーキングに巡り会えてぎっくり腰腰痛症から解放されたということです。

それが健康の一番の源になっていると思います。

健康を支えるウオーキングと効果

それからこのウォーキングの効果ですが、血流改善、脂肪燃焼、病気の予防、生活習慣病の予防等と聞きますが血液の循環を良くするという効果から免疫力を上げるというのもありますし血液の循環が良くなる事によって循環が良くなり心臓から出てて動脈静脈巡ってそして戻ってくるとリンパの方から老廃物が排出されて不純物が体内から出るいうことが効果として考えられますので意識して取り組んでいました。

ウオーキングの+アルファー効果

ウオーキングのプラスアルファの効果として風邪をひきにくい体になった。もう何年も風邪引いていません。

私は花粉症になって鼻水が出ることもあるし、それから埃っぽいとこにいると鼻水が出たりとかします。しかし調不調は殆どありませんから健康と言って良いかと思います。

加えて健康診断や人間ドッグの健康診断がありますが会社生活では会社の健康診断で会社の後半については人間ドックを受けてました。

その結果そのデータ上からしても非常に若いデータが出てきて、運動の効果が出てるんではないかなと思います。

自分の健康状態を何かしらのツールやアプリで管理したいと考え、体組成計を購入し長いことを記録をつけてます。その体組成計の読み取りから体重とか体脂肪、内臓脂肪、筋肉量から体年齢、基礎代謝、BMI とか測定できます。

この数値を毎日測定・記録その値が変化した時に昨日は何をした?例えば、たくさん食べたからとか昨日はウォーキングしなかったからとか昨日は便が出なかったから体重が増えた。

振り返りができるようになっています。毎日測っていると分かりますけども1日の中でも体重はかなり変化します。変化の大きい時には2 kg 以上、時には3キロ近く変動することもあります。

動いて食べて動いてを繰り返してると1日中でも体がどんどん良くなりそうです。それが動かないで食べてばっかりだったら体重がどんどん増えるってのがよく分かります。そしておそらく体脂肪とか内臓脂肪と固い年齢なんかも悪い方向に行くと思います。

今ちなみに私は68歳ですが体年齢が50前後で-18歳ぐらいの所に推移してます。目標は-20にしていますが良いレベルと思ってます。今後もキープする事で健康を維持できると思います。これが私の健康に関する取り組みです。

今後も継続し続けます。膝が痛いとか股関節が痛い事もあります。対策はサプリメントを昨年の8月以降飲み始めてます、飲んで3日ぐらいしたらその痛みが変わったのでそれなりに効果があったのかなと思います。

本当に効果があるのかということで確認のために飲むのをやめてみるとまた痛くなったりとかしますので多分効果はあるんだと思います。

以前年齢の高い人が歩いている時にスムーズに歩けなく、腰をかばいながら歩いてる姿を見てどこか悪いのか?と思ったりしました。

いざ自分が股関節の痛みやひざ関節の痛みを感じた時には、全く痛みを感じてない時と同じ様な歩き方は出来ません。

なんか恐々と歩く姿勢に変わってきたという事で、やっぱり年を重ねたら起きるんだなーっていうことを実感しました。

老化現象の一つなんでしょうけどもそういう現象が出るんだという事を理解してるこの頃です。

これ放置したら何も改善はされないでしょう。我慢だけして運動しないという事では、筋肉がどんどん落ちていくでしょうから痛みが出たりすると思います。

という事から今後も従来以上に運動に神経を使って痛みが発症しないように工夫と努力をしていきたいと思います。

現状維持ができればもうベストですね。という考えでこれからも健康を最優先という考えで取り組みをしていきます。

因みに食で一番意識してるのは添加物を含んでいるか否で含むものは食べない考えでいます。インスタント食品も食べないです。

通常の野菜、できれば自分で作った野菜、それと魚は毎日食べます。炭水化物はご飯中心パンも好きですがカロリーが高いのでできるだけ控えています。

一汁三菜を基本に朝昼晩3食食べるようにしてます。朝昼はしっかり食べ、夕食は炭水化物を抑えてカロリー的にも少なめに取るようにしてます。

これが体に負担をかけないという事の一つだと思います。今後も健康第一考えに基づき生活を進めてまいります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました