電気圧力鍋は、めんどくさい!パッキンが変色すると元に戻らない

スポンサーリンク
電気圧力鍋 簡単操作で調理 LIFE

電気圧力鍋はめんどくさいと感じるのは、上蓋に取り付けて使う、パッキンのお手入れです。洗うだけなら何も問題なくスポンジに中性洗剤を付けてスーと洗い、泡を流し、乾かしたらOKです。しかし色が付くものを使うと素材の色がパッキンについて、スポンジで
洗っても落ちません。これが困ります。匂いとかは無いのですが、白っぽいパッキンに色が付くと汚れた感じで気持ち悪いです。

それと、上蓋にフレームにパッキンを付けて使いますが、上蓋に付ける時にフレームのへそにゴムが付いています。上蓋にフレームとパッキンを合わせる時に的を外すと、ゴムが外れる事が有ります。中央のゴムが外れると取り付けるのが少し手間取ります。慣れるとコツが分かり取り付けも出来る様になりますが慣れないと慌てます。

電気圧力鍋はめんどくさいと思うのはもう一つあります。

灰汁が出る食材を使うと高圧により、激しくアクが出て戸惑うと思います。
しかし、工夫をするとアクを最小限にする事が出来ます。以下に詳しく記載します。

電気圧力鍋はめんどくさい類似記事

スポンサーリンク

めんどくさいパッキンの変色

電気圧力鍋はめんどくさい例にパッキンの変色が有ります。
上蓋にフレームとパッキンを合わせて使いますが、小豆や色の濃い豆を煮ると、高圧で調理するので鍋内に泡が充満しパッキンに長い時間接触します。その結果、豆の色が落ちてパッキンに色が付いてしまいます。味や匂いに影響しませんが見た目が悪くなります。スポンジに中性洗剤を付けて洗っても色が落ちませんのでご注意下さい。

灰汁が出るものに注意すること

肉類を加圧調理すると激しくアクが出ます。通常鍋で調理する時に沸騰させ灰汁を取りながら調理すると思いますが、電気圧力鍋に肉や他の食材と一緒に入れて加圧調理すると
灰汁を取る工程が無いので激しくアクが出ます。灰汁を避けるなら生肉を入れないで
下ごしらえをした上で加圧調理をするとアクを抑える事が出来ます。汁も濁らず味も良く仕上がります。特にアクが多く出るレバー等の食材を調理する時には特に下ごしらえを行った上で加圧調理をする事をおすすめします。

めんどくさいセンターパッキンの外れ

上蓋にフレームとパッキンを中心ピンに合わせて取り付けるゴムが有ります。
電気圧力鍋を使う場合に絶対に必要なのは中心のゴムに合わせて取り付けますが、
中心に合わせず取り付けようとするとゴムパッチンを外す恐れがあります。
中心のゴムを外すと取りけるのはめんどくさいです。他の道具などを用いないと取り付けは出来ません。注意してゴムを外さない様に取り扱って下さい。

まとめ

電気圧力鍋はめんどくさいと感じる事が3つほどあります。
電気圧力鍋は高圧で調理しますので、高圧を維持する為にパッキンが付いています。
このパッキンは高圧にさらされた液体がパッキンに長く付着します。小豆や大角豆や金時豆等をご飯に混ぜて炊いた場合に豆の色がパッキンに映ります。これが中性洗剤を付けたスポンジで清掃しても色が落ちません。匂い等は気になりませんが見た目が悪くなります。

2つ目には肉類を高圧で調理すると強い灰汁が出ます。通常の鍋では灰汁を取りながら調理しますが電気圧力鍋はセットしたら完成まで開けませんので思いの外アクが沢山出ます。

3つ目には、電気圧力鍋のめんどくさい点はパッキンの中心のゴムが外れると再取り付けが思いの外大変です。他の工具などで使用して取り付ける必要があります。慌てずに作業すれば再取り付けは出来ます。

以上電気圧力鍋でめんどくさい点を上げました。しかし電気圧力鍋はめんどくさい以上に多くのメリットがあります。一度使うと簡単で又使いたくなります。是非有効に使って省エネにもご利用ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました