sports

大相撲春場所2023年翠富士が大活躍!出身地や子供時代今の活躍の秘密

大相撲大入り sports
この記事は約5分で読めます。

2023年春場所で、注目の力士となっている翠富士は
静岡県焼津市出身の彼は、小学2年の時に相撲に打ち込み、
優勝を逃し準優勝になった事で相撲をする事になった。

中学1年で全国中学校相撲選手権に出場した。
その後、相撲から去ったが、高校相撲部の指導者から
指導を受け相撲の道に戻る。
大学中退後に伊勢ケ浜部屋の親方(旭富士)から
勧誘を受け相撲部屋に入門した。

序二段からのスタートし7戦全勝で段を上げ、
次の場所でも全勝で2場所で序二段を卒業する等
飛びぬけた能力を示した。
その後幕下を上下したが、徐々に順位を上げ、
2019年11月場所で新十両に昇進。
そして、2023年春場所では、前頭5枚目で破竹の10連勝を果たし、
優勝レースのトップを走っている。
今回は、翠富士の出身地や子供時代、学生時代からの活躍を振り返り、
相撲部屋に入ってからの活躍についてもレポートします。

【翠富士一成のプロフィール】

翠富士は1996年8月30日に静岡県焼津市で生まれました。
身長171cm、体重117kgと小柄で俊敏な動きをいかした
相撲が持ち味で、幕内で10連勝を上げる等
大活躍が目立つ力士の一人です。
近畿大学を中退後、伊勢ケ浜親方から勧誘され
2016年伊勢ケ浜部屋に入門しました。
得意技:押し、肩透かし

【子供時代・学生時代】

翠富士は、小学校2年生の時に相撲を始めました。
小学の相撲大会に出場し優勝を逃し、準優勝に
なった事がきっかけで相撲に取り組む。
中学生になってからは一旦相撲から離れたが、
中学3年の時から相撲に戻り、部員が少ない中で
団体で8強入りするなど力をつける。
高校で2年の全国大会で4連覇がかかっていた
埼玉栄高校を破り連覇を阻止し団体戦3位に入る。
高校3年の時はケガで成績を残せなかった。
高校卒業後近畿大に進み経営学部を先行し、
相撲部に所属。
大学一年の時、全国学生相撲大会個人別体重別選手権の
100kg未満のクラスで優勝を果たしたが、
2年の時に相撲部を退部し大学も止め、故郷に帰った。
自宅に伊勢ケ浜部屋の親方(旭富士)が相撲部屋に勧誘され
相撲部屋に入る事になる。

【相撲部屋に入ってからの活躍】

翠富士は、伊勢ケ浜部屋に入門しました。
最初は序二段からのスタートでしたが、徐々に順位を上げ、
2019年11月場所で新十両に昇進しました。
その後も着実に力をつけ、2023年春場所では、
初の三役格となる関脇にまで昇進しました。

入幕からの成績

翠富士が伊勢ケ浜部屋に入門したのは、
2015年5月場所のことでした。
2016年序二段での取り組みからスタートし、
徐々に番付を上げ、幕下に進み、上げ下げ上げを
繰り返し2019年11月場所で新十両に昇進しました。
その後幕内で相撲を取り最高位は前頭筆頭です。

以下は、翠富士が伊勢ケ浜部屋に入ってからの成績です。

序2段~幕下内成績

・2016年11月場所 序二段21枚目(7勝0敗)
・2017年1月場所 序二段10枚目(7勝0敗)
・2017年3月場所 三段目19枚目(5勝2敗)
・2017年5月場所 幕下57枚目(4勝3敗)
・2017年7月場所 幕下46枚目(3勝4敗)
・ 2017年9月場所 幕下57枚目(4勝3敗)
・ 2017年11月場所 幕下46枚目(4勝3敗)
・ 2018年1月場所 幕下39枚目(3勝4敗)
・ 2018年3月場所 幕下39枚目(6勝1敗)
・ 2018年5月場所 幕下20枚目(2勝5敗)
・ 2018年7月場所 幕下36枚目(5勝2敗)
・2018年9月場所 幕下23枚目(3勝4敗)
・2018年11月場所 幕下32枚目(4勝3敗)
・2019年1月場所 幕下26枚目(4勝3敗)
・2019年3月場所 幕下19枚目(4勝3敗)
・2019年5月場所 幕下13枚目(4勝3敗)
・2019年7月場所 幕下筆頭(4勝3敗)
・2019年9月場所 幕下筆頭(3勝4敗)
・2019年11月場所 幕下12枚目(6勝1敗)
・2020年1月場所 幕下2枚目(5勝2敗)

関取(十両)以降成績

・2020年3月場所 十両11枚目(7勝8敗)
・2020年7月場所 十両12枚目(8勝7敗)
・2020年9月場所 十両10枚目(11勝4敗)
・2020年11月場所 十両2枚目(10勝5敗)
・2021年1月場所 前頭14枚目(9勝6敗)
・2021年3月場所 前頭10枚目(5勝10敗)
・2021年5月場所 前頭15枚目(全休)
・2021年7月場所 十両9枚目(6勝9敗)
・2021年9月場所 十両11枚目(8勝7敗)
・2021年11月場所十両8枚目(7勝8敗)
・2022年1月場所 十両8枚目(9勝6敗)
・2022年3月場所 十両6枚目(12勝3敗)
・2022年5月場所 前頭16枚目(9勝6敗)
・2022年7月場所 前頭11枚目(10勝5敗)
・2022年9月場所 前頭1枚目(7勝8敗)
・2022年11月場所 前頭3枚目(8勝7敗)
・2022年1月場所 前頭3枚目(6勝9敗)
・2022年3月場所 前頭10枚目(10勝1敗)

 

まとめ

静岡県焼津出身の翠富士が、2023年春場所で大活躍を見せ、
10連勝で単独トップを入っています。
子供時代から相撲に打ち込み、準優勝する程の活躍し
中学で一旦相撲から離れる時期もありましたが、
近畿大学で全国学生相撲選手権大会個人別選手権100kg未満級で
優勝するなどの活躍を大相撲協会伊勢ケ浜親方の勧誘を受け入門。
序二段からのスタートでし2回連続で7戦全勝で幕下に進んだ。
その後、徐々に順位を上げ、2020年3月場所で新十両に昇進。
今後の活躍に期待が高まる新星、翠富士に注目です。
2023年春場所では初日からただ一人勝ちっぱなし10連勝と大活躍
この先優勝に向かって更に活躍をしてください。

ONOをフォローする
健康寿命LIFE

コメント