年金受給者の国民健康保険加入65歳以上の健康診断の項目と流れと料金

スポンサーリンク
健康診断 LIFE
スポンサーリンク

はじめに

年金を受給する年代になると病気にかかる事もあります。

健康保険に加入していれば
費用負担は3割で済みますが
健康保険に加入せず病気になると
10割全額負担になります。

これまで病気になった事が無い人は
ほぼ皆無でしょうが、
ちょっとした検査をしただけでも
驚くほど高価で驚きます。

高齢になれば
若い頃の無理がきいた体も
こたえます。

どなたも
病気の不安を解消するにも
国民健康保険に加入する事
でしょう。

年金受給者は年金額から
自動引き落としされます。

国民健康保険に加入すると
年1回の健康診断の案内が来て、
年相応の検査が予定されます。
自分の意向で追加検査も出来ます。

行政からの健康診断の案内に対し
自分の予定と合う日程を
記入し郵送します。

後日あなたの希望に対し
調整された日程が記載された
検査の案内が届きます。

検査当日の受付時間までに
会場に行き受け付けると
待合室(待機場)で待つと
受付時の番号順に
番号を呼ばれ、
検査の受付をし、
当日の検査項目の
確認をし
尿検査から
身長、体重、
眼底検査、腹囲、
心電図、
胸のレントゲン検査、
胃のレントゲン検査を行い、
予定の検査項目の実施の確認を行い、
抜けなど問題無ければ
検査費用を現金で
支払い終了します。

その後3週間から1か月後に
検査結果が郵送で自宅に届きます。

健康診断の前日にしてはいけない事

検査当日に胃の検査を受ける予定が
有りましたら前日の21時までに
飲食を済まし
検査当日は検査が
終了するまで
ガムや飴も含む一切の飲食が
出来ません。

当日の胃の透視のレントゲンに
映ると異物や病気と
判定されるか再検査に
なりますので
一切の飲食はできません。

また採血を行い血液検査で
血液数値の異常の有無を
調べますが
飲食をすることで
血液の結果に
正常時とは異なる結果が
出るかもしれないので
飲食はできません。

こちらも結果が悪いと再検査の可能性もあります。

余計な検査をしない為にも
記載の注意事項を守って
健康診断を受診ください

検査当日の流れと検査や測定項目

検査当日は指定時刻の受付の15分前から
受付をしています。

受付後待合室又は待合席に移り
番号が呼び出されるまで待ちます。

早く行くと待ち時間が
長くなる事もあります。

一連の流れは
呼び出し後⇒本人確認と検査項目の確認⇒
尿検査コップを受取る⇒尿採取⇒尿検査⇒
身長・体重測定⇒眼底検査⇒採血⇒腹囲測定⇒
心電図⇒胸部レントゲン検査⇒胃部レントゲン⇒
検査項目実施確認⇒検査費用支払い⇒終了

検査項目から分かる事

  • 尿検査:尿蛋白
  • 眼底検査:両目の血管を測定し体の血管の状態を知る事が出来ます
  • 血液検査;肝機能の健康状態を数値で確認できます。血糖値とヘモグロビンA1cの数値から糖尿病の懸念状態をみます。血糖値は空腹時血糖時の値で当日の朝食は食べていませんので値が高いと異常値となります。ヘモグロビンA1cの値は長期間の血糖値を観る指標で普段の血糖値が反映されます。検査があるから甘いものを控えても、この値には影響せず血液中の血糖値を知る検査です。高いと糖尿病が懸念される指標です。値が高くても何も体調の変化がないので注意が必要となります。
  • 腹囲測定:肥満度をみます。男性=85cm、女性=90cmを超えると肥満と判定され、食事や運動の指導などの案内が来ます。
  • 心電図:短時間中の心臓の動きを診る検査で異常があると精密検査が必要か様子を見るか否かを診ます
  • 胸部レントゲン検査:肺の異常の有無を診ます。影が有ったり気づきがあると再検査や精密検査も必要になります。
  • 胃部レントゲン検査:発泡剤とバリウムを飲み胃の壁にバリウムを付け胃の変形や異常を見つけます。過去に胃潰瘍等で治療をした方は胃の形が異なり指摘を受ける事もあります。こういう場合は様子見になりがちです。

健康診断の所要時間と検査費用

健康診断はあなたの受診希望を記入し返信をします。

必ずしも希望通りの時間に受診が
出来ると葉限りません。

前日の21時までに食事を済ます様に
指示されていますので、
当日は空腹で出来るだけ早い時間に
健康診断をしたいと
どなたも感じると思います。

健康診断の受付予定時刻は8:00~8:15でした。
会場に7:50分に到着し受付を済ませ
待合室で番号を呼ばれたのが8:35分で、
全ての検査や測定を終え
検査費用を3400円支払い終了しました。
時刻は9:35分でした。

受付から終了までの時間が
1時間45分で、
番号が呼ばれ検査費用を支払い終了するまでに
要した時間は1時間でした。

まとめ

年金受給者が健康維持のために
検査や治療にかかる費用を
少なくしたいので
国民健康保険に加入している。

年齢が増し高齢者になると
いつの間にか病気がやってくる。

病気になれば病院などで
検査や治療を受けます。

検査や治療費は驚くほど高額で
通院回数や病気が複数になったり
高額治療になると払いきれない。

3割負担で7割の軽減を受けますが
健康保険未加入の場合
10割負担になり
年金が吹っ飛んでしまいかねない。

国民健康保険に加入していれば、
1年に1回集団検診の案内が来ますし
病気の疑いがあれば
サポートもしてくれます。

自分の健康状態を
調べてくれる健康診断は
とても大事な行事ですので
必ず受診しましょう。

検査結果が悪かったら
再検査や治療をしましょう。

早期に発見すれば
治療費も安く
早期の完治に
なると思います

集団検診の費用は
3000円~5000円位なので
お得に検査が出来ます。

またもっと精密な
検査を受けたいと
感じるなら
人間ドッグを
受けるのも一つです。

人間ドッグは色々ありますが
一般的な検査なら
40000円前後ですが、
行政から1万円程度の補助も
有りますので
お使いいただき
費用の軽減になります。

健康寿命の為にも定期的に検査をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました