カムカムエヴリバディ ネタバレ安子とるい

スポンサーリンク
カムカムエヴリバディ帰宅 ドラマ

NHK朝ドラのカムカムエヴリバディが2021年11月1日から放送が
開始され、最初の1ヶ月間は岡山県が中心で、2ヶ月目の4週目、
37話のネタバレとあらすじと感想を交えて記載します。

37話ネタバレとあらすじ

勇が安子に結婚を申し入れたが、安子は戸惑い答えを先延ばししていた。

あんこ!進駐軍との野球に勝った。稔兄いも認めてくれると思う。

俺と結婚してくれんか?

と安子の右腕を掴んだ。

?!!!!

安子は咄嗟の事だけでなく、先の見通しが固まっていないので回答できなかった...

4~5日経過し、路上で安子と外国人が会話をしている様子を見た勇は、

あれは!なんだ?

安子は、うろたえてしまい、

訳の分からない説明をしてしまう。

勇は安子の慌てぶりに、ただ事では無く外国人に好意を持ち付き合っていると
思い込み、珍しく飲み屋に行き悪酔いし、客ともめ事を起こします。

深夜に帰宅すると、玄関で横たわる勇実に雪衣が出て来て、
そんな事で酔っ払っているのですか?情けないと言うと、
雪衣に出ていけと強い口調で言い放ちます。

その後謎の空白の時間が.....

勇の部屋から雪衣が出て来る所を算太が見かけ、雪衣と目が合います。

算太は勇と雪衣が男女の関係を持ったと憶測します。

算太がたちばな家再建で銀行に借り入れの手続きに行う予定でした。
安子はおはぎを売り蓄えていたお金と通帳を算太に渡します。

算太は雪衣に好意を持ち結婚を申し入れていましたが、
昨夜の雪衣の行動を想い出し町をふらふら歩いていますが、
もうたちばな再建はとん挫したかのような雰囲気が見て取れます。
鏡に向かって無様な自分を見て不思議な笑いをします。

豆腐屋できぬと安子が話しをしています。
そこにきぬの夫が戻って来て、

算太さんは何処へ?

あ兄いは融資の件で銀行へ...

算太さんが銀行に行っていない

と伝えます。

??????

安子は町中を探しますが行き先が分からいません。
ある筋から算太が駅に行き、大阪方面の汽車になったらしい
と聞き、安子は算太を追いかけ汽車に乗り大阪へ向かいます。

安子が大阪に着き、以前世話になった大家さんに会います。
当然大家さんも分からず、困り果てた安子は、
ロバートの勤務先に行きます。
ロバートは兄を探すと言ってくれます。
安子は、必死に探しますが、手掛かり無く、雨に打たれた安子は、路上に倒れたのでした。38話へ続く

雉真千吉と安子の話し合いで千吉は至極当たり前の事を言います。
安子が家を出るという事は、娘るいと離れる事を意味する。

話しは分かるがるいとの離別は考えも及ばぬこと。

悩みながらも、るいにいるいと一緒には居られない。
たちばな再建で算太兄いと一緒に仕事をするから別に住む。
いつでも会えるからと説明をしますが、るいが分かる訳もなく
るいは返事をしません。

そんな折り、算太が安子の大事な貯えを持ち逃げし、大阪まで探しますが、
情報が無く疲れ切っ安子は雨の中倒れます。
今後の安子は一寸先が見えない局面になりました。

 

スポンサーリンク

26話ネタバレとあらすじ

!雉真家に娘るいと安子が戻りました。
雉真家の美都里が快く迎え雉真家の生活が始まりました。
生まれ育った朝丘町が気になり行ってみると、たちばな家があった場所は
他の手に渡っていました。
幼なじみの豆腐屋のきぬを見つけ、豆腐屋家族と親しく懐かしく話す安子でした。
雉真家に戻りましたが、大阪の暮らしが良かったと想う安子でした。(26話)

2カ月目6週目(26話)のネタバレ

安子とるいは、勇と一緒に雉真家に着きます。

心配な事は、家出になる原因の美都里の反応です。
戸を開けると玄関に美都里が正座して、待ち受けておりました。
正座事態、印象が違っていたと思われます。

安子は、勝手な事をしてすみませんでしたと直ちに膝をついて謝ります。

美都里は、おかえりなさいと受け入れる様子で迎えました。
安子がるいを紹介し、るいがただいまと話します。

美都里は歓迎しているのでした。
雉真家当主千吉は、暮らしとお医者さんの事は心配しなくて良いと話してくれます。

町に出掛け、たちばな家があった場所に行くと、住む人が変わり、唖然とします。幼なじみの豆腐屋のきぬちゃんを見つけ会話が弾みます。

きぬは結婚していました。豆腐屋の皆さんが喜んで向かてくれました。
安子が大阪の暮らしを苦しかったけど充実していたと話し、またあの生活をしたいときぬに話すと場所は関係なく出来るだろうと話すのでした。

しかし、安子が菓子作りをしたいと考えても。雉真家とは関係ない仕事になるので、簡単そうでは無いようです。今後どう展開するのか興味がつきません。

 

まとめ

11月1日から放送がはじまったComeComeEverybody (カムカムエヴリバディ)ですが、6週目26話の週に入りました。

安子とるいが雉真家次男の勇と一緒に雉真家に戻ります。
懸念された美都里は以外にも
穏やかに迎え入れてくれました。

落ち着いた処でたちばな家のあった地区を訪ねます。

住んでいる方は変わり、たちばな家の所には別の方が住んでおりました。
知っている方が居ないかなと探していると幼なじみの豆腐屋のきぬちゃんが
豆腐屋にいました。

きぬと話しが弾み、大阪に住んでいた時の話しをし、
あの暮らしは楽では無かったけど良い暮らしだったと振り返り、
大阪で感じた充実な生活をしたいと話すのでした。

美都里は普通に戻ったし、千吉は暮らしとお医者さんも面倒を見るから
心配ないと話してくれ、安心した生活が出来そうだと感じていますが、
大阪で自立した生活を又したいと思う安子でした。

安子のおはぎ売りは雉真家の仕事とは異なりますので、
雉真家で和菓子を作る事は難しいと思います。
今後、安子の思いは叶うのでしょうか?それと安子の腕の骨折は完治し、
お菓子作りは出来るのでしょうか?るいの額のけがはどの程度で、
成長にどう影響するのか、心配な事が続くComeComeEverybodyです。(26話)

コメント

タイトルとURLをコピーしました