ドラマ

舞い上がれは東大阪と五島が舞台!7週31話~8週40話あらすじと感想

スポンサーリンク
NHK朝ドラ舞いあがれは週5回放送中ドラマ
この記事は約2分で読めます。

2022年の朝ドラ舞い上がれは10月3日に始まり
半年かけて舞の成長を辿るドラマです。
週5回(月~金)、土曜日は週のまとめ、週毎にテーマがあり、
岩倉舞が苦難を乗り越え成長して行きます。
こちらでは、第7週第31話~第40話の各話毎にあらすじと感想を記しています。

舞いあがれの主題歌アイラブユーはyoutubeでも見る事ができます。

次週第7週は31話~40話『パイロットになりたい』
舞は五島から大阪に帰る時に自分から飛行機に乗って帰りたいと話し
母めぐみと二人で生まれて初めて飛行機に乗って素晴らしさを知りました。
心の奥には飛行機の楽しさと憧れを抱いていた様です。
大学で飛行機クラブに入り、一段とパイロットへの憧れが高まります。

スポンサーリンク

第7週31話~35話『パイロットになりたい』

舞が五島列島に居る時に空を飛ぶ飛行機を見てからいつの間にか、
空を飛ぶことが夢になっていました。
人力飛行機のパイロットを体験し、益々空絵の想いが強くなり、
大学に通いながら空への想いは強まるばかり。
両親に中々言えずにいましたが、
思い切って両親に話したが、母に反対されます。
自分の思いは強くあきらめる事が出来ずにいました。
お隣の男友達が生き方に悩み、家出をします。
家で先から舞に電話が来て、彼は五島に居ると話され、
心配でならない舞は、五島に行くと言います。
幼なじみのクルミも行く事になり、五島列島の灯台に向かいます。
舞が五島のばんばの家に住んでいる時に貴司君に
送った絵葉書が五島の灯台の夕焼けだったのです。

第8週36話~40話『いざ、航空学校へ』

五島に行った舞は進路を真剣に考えていました。
空を飛ぶパイロットを目指す夢に正面から応対したいと
舞の両親は五島のばあちゃん(祥子ばんば)の家に行きます。
それは母が結婚を決意し母に決意を伝える時以来の事で
約20年ぶりの訪問でした。
舞の夢の決意を真正面から受け止め、
航空学校へ進むことを認めるのでした。

第9週は『我らはチームや』です。
こちらから見る事ができます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました