高齢者の仕事は少ない!高齢化社会なのに就職が少なく給与も低く単純作業

スポンサーリンク
LIFE
スポンサーリンク

定年後の再就職先は面接者が好印象で働き先を決めた

こちらは面接の印象が非常に良いので職場も良さそうに感じ次の職場への就職が決定した。

職場は経験豊富な調理長に様々な事を教えて戴けそうで自分の調理の幅を広げられると思い仕事に取り組んだ。

職場の実態は印象と違い同じ内容の繰り返しで仕事の喜びが無く不満

この職場は人の悪口は、あまり話さないが調理を教える事は殆んどなく単純作業を毎日繰り返し行う職場だった。調理補助を希望し入職したが、希望とはかけ離れた仕事内容だった。

いつになったら次の仕事に移れるのか日々頭に浮かんだ。自分の希望通りとはならず楽しい雰囲気の職場出はなかった。もっといい仕事はないのかなぁ?もっと調理補助的な仕事はないのかな?日々頭をよぎった。

ここの仕事はお客さんが入れば忙しく、少ないと仕事がない感じで仕事のない日は早帰りになる事もあった。

勤務時間は8時から17時が契約。現役時代の仕事時間と同じ時間帯で結構肉体を使う仕事とい感じだった。しかし笑いや喜びがないというのがデメリットで残念。同時に別の仕事探しをする私でした。

またしても仕事探しの日々に、新聞の折り込みとネットから探した

調理補助に関する広告チラシを新聞の折り込みチラシを見て電話をの繰り返しとネットにアクセスし求人情報とか調理補助等の職種でサイトに登録し情報を入手する様にしました。

そうこうしてる内に求人チラシの中に私に該当しそうな仕事が目についた。そこは老人福祉施設の食事提供の仕事。ここなら調理も覚えられて目的が叶うように感じ期待を膨らませた。

折込チラシの求人先に連絡し面接し入社決定

早速そちらに電話をすると快い返事があり、面接しますので履歴書持参の上来てください。ということで車で30分ぐらいの距離の会社と連絡を取りました。

面接官の印象が良く面接の内容から入社出来そうに感じで喜んでおりました。同時に健康診断をする様に言われ会社を後にした。

検診は指定無し自分で検診を受け、領収書を提出したら会社が費用を負担し給与時に反映させるとの事その後順調に進み、翌月から勤め始める事になった。

新しい仕事に付き仕事開始

こちらには栄養士と調理師資格を持ったがおりました。仕事は調理場の方に聞きながら順次覚える様に言われました。

仕事は盛り付けと料理を運ぶ配膳と食後に片付ける仕事等でした。私は調理補助と言う仕事を希望したが職場は何でもやれる人オールマイティーが好まれるので、指示を受けたら何でもこなす様に努めました。

日々忙しく、聞かなくても分かる事は進んで手を出し分からない事は聞きながらという形で仕事の幅を広げる様に指示され進めた。

いつになったら調理補助らしい仕事ができるか楽しみにしていた。色々な調理補助的な仕事を担当させていただきました。

天ぷらを揚げたり、カツを揚げたり、この後は調理に使う材料の下ごしらえとか少しづつですが幅が広くなって、面白みも出てきておりました。

仕事と趣味の両立が私の希望

私の希望は調理補助ですが働く時間帯も大事な要素です。朝早く出勤して明るいうちに帰宅し自分の趣味の家庭菜園や健康増進の為のウォーキングを行える仕事に就きたかったので満足です。

調理場は高齢者女性の職場で雰囲気悪し

そういう感じで仕事ができ、時間帯含めて自分の考えと一致していたので良いと思っておりました。しかしこちらの職場は平均年齢が70前後ぐらいの高齢者職場で女性色が強い職場でした。

しかも10年以上勤めていう方が大半の仕事場でした。お互いに人の悪口を言うという点は2つ前の職場と同じで厳しい言葉が飛び交っておりました。

私にとっては聞きたくない事ですが、聞きたくないとはなかなか言いにくいし自分もそうだと思われるのも嫌でしたので特に返事もせず淡々として仕事をしておりました。

しかし仕事する中で気持ちよく仕事をしたい思いがありますので不満はずっとありました。皆さんが協力し合って気持ちよく仕事できないものかなあと感じておりました。

仕事の継続か新しい仕事の選択か迷うが次を選択

一方、入社できたからいいけども退職した場合、次の仕事を見つけるには60台後半の年齢的で苦しい事を経験上分かっておりますので簡単には退職できないという気持ちもありました。

勤務時間帯の変更を打診され決断をしました。結局は退職したわけですけども、こちらでお世話になった時の経験というのは大変自分のためなりました。今後生きていく中で人間同士の付き合い方とか感情という部分を参考にしながらいいところは取り入れ悪いところは その状況を判断し判断し進んでいきたいと思っております。

ちなみに働く女性の皆さんは口々に『年齢が上がると職場は選べない』この職場ぐらいしか働き口ないからね、というのを口々のように言っておりました。だからやめないということなんでしょう。

高齢者の仕事探しは64歳と65歳以上では全く異なる!就職は64歳未満が良い

皆さんも年齢が60を超えると中々難しいですよ、さらに64までなら就職の難易度は高くはないけど65過ぎると急に幅が狭まり選べないし仕事は見つけにくい状況に変わります。

64歳65歳当たりの方は特に64の内に仕事を決めて働く働きやすい仕事を見つけて働きはじめ継続して働くっていう道がよろしいのかなと私は思います参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました