ガラケイ携帯電話が2022年3月終了!年寄りが多いドコモはいつ?

スポンサーリンク
ガラケイ3Gモデル LIFE

携帯電話が普及しガラケイ端末からスマホに移り、スマホ中心に変化し、
携帯電話機初期モデル3Gが終了すると報道された。
ガラケイ利用者は年寄りが多いと思います。

【大手携帯電話会社が扱うガラケイのサービス終了は各社で異なる。】

最も早くガラケイ3Gを終了するのが
・auで2022年3月末日、続いて
・ソフトバンクが2024年1月下旬に3Gサービスを終了、
・ドコモが2026年「FOMA」と「iモード」のサービスを2026年3月31日で終了
すると公表しています。

元々携帯電話の先駆者であるドコモは利用者が多い事から最後までサービスを
継続するという考えからだと推測できます。

3Gガラケイ終了になったら、携帯電話を止める方は何もする必要はありません。
今後も同じメーカー又は別のメーカーで携帯電話(スマホ)を使い続けたいと
お考えの方は、各社3Gサービス終了前に手続きが必要になります。

今後も携帯電話(スマホ)を使い続ける方は、手続きが必要ですが、
お得に契約をするなら、今お持ちの携帯電話から切り替える方がメリットが
大きいと考えます。
各社共、よりシェアーを拡大したい訳で、本体価格面や毎月の使用量や
60歳以上の特典等様々提供していますので、慌てずじっくり検討してメーカーや機種選定をする事をおすすめします。

スポンサーリンク

ガラケイ3G終了時期は各社で異なる

携帯電話サービスを最初に始めたのがドコモでした。そこに後続企業が追随しau、ソフトバンクが大手でサービスを開始しました。今では楽天をはじめ多くの会社がサービスを提供しています。

【ガラケイ3G終了に伴う影響au3Gガラケイ】
auのガラケイ3Gのサービス終了は2022年3月31日と公表。
携帯電話で使われる電波帯域があってこそ利用が出来ます。
auは3G電波帯域のサービスを終了すると言いますので、au3G携帯電話は
使えなくなります。

【ガラケイ3G終了に伴う影響ソフトバンク3Gガラケイ】
ガラケイ端末は使えますが携帯の電波帯域は2024年1月末日で終了につき
使えなくなります。

【ガラケイ3G終了に伴う影響ドコモ3Gガラケイ】
ドコモが2026年「FOMA」と「iモード」のサービスを2026年3月31日で終了
すると公表しています。

3Gサービス終了と手続き

上記の様にガラケイ3Gは終了します。
各社で時期は異なりますので、

携帯電話は、もう使わないと思われる方は何も手続きをしなくて良いです。

今後も携帯電話を使いたい方は、同じメーカーだけではなく、他社との比較をしてみるのも良いです。

なぜなら、今よりもお得に利用できる可能性があるからです。
色々調べるのがめんどうくさいと考えるなら、同じメーカーでも良いですので
相談をおすすめします。きっとよりお得な情報が得られると思います。

まとめ

ガラケイ3Gは終了します。
一番早く終了するのがauで2022年3月末日。
ソフトバンクが2024年1月末日、
ドコモが2026年3月末日終了。

ガラケイ3G携帯以降使わない方は、何も手続きが要りません。しかし各社から解約に関する連絡が入ると思います。終了に伴う料金は発生しないと思われます。

今後もスマホに移行して使いたい方は、お店に行くなり、オンラインでお手続きが出来ます。しかし、手続きが不安な方はショップで手続きをすると良いでしょう。

その際の注意事項は、使うのは新しい機種が必要です。通常は機種代金が発生します。
メーカーによって異なりますが機種代0円や1円と実質無料サービスをキャンペーンしている場合が有りますので有効に活用しましょう。

それと事務手数料と毎月発生する使用量をチェックしましょう。
こちらも事務手数料0円なども有ります。

ショップに行く前に、事前に確認したい事をメモ書きして、抜けが無い様にしましょう。
スマホに変えるとガラケイとは異なりサービスが広くなります。写真を送付したり、動画を撮影したり、動画を見たりと使用範囲が広がるとともに、使用料が増えます。

ショップでは使用量を月単位で変更できるメニューを用意していますので、最初から大きな容量で契約するのではなく、使用状況によって最適な契約内容にする事をおすすめします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました