家庭菜園で収穫した野菜を食べて中毒になる事って本当にある!

スポンサーリンク

家庭菜園で野菜を育てて食卓でいただくことが増えている様です。自分で手間暇かけて育てると愛着がわきます。野菜を食べて中毒になるという事は一般的ではありませんが、ジャガイモが日光に当たり緑に変わり、毒になるという事を聞いたことが有ります。でも親しみのあるジャガイモが毒素を持つなんて信じがたいです。

2022年7月のニュースで小学校で栽培したジャガイモを調理して先生や生徒が食べて食中毒になったという実際に起こりました。学校ではジャガイモを収穫し皮ごと調理して食べたそうですが、緑色の部分は食べなかったそうです。でも中毒にかかった方は大人と生徒でした。子供は少しの毒でも体調不調を起こしかねないと言われますが、今回は大人の方も体調不調や嘔吐を発症したとの事です。

スポンサーリンク

まとめ

家庭菜園で栽培し収穫した野菜を食べて中毒を起こすという事はネットで見た事が有ります。中でも話題の中心はジャガイモで、殆どがジャガイモが土から出て日光に当たり続ける事でジャガイモの皮や表面が緑色に変色した物です。緑色が悪いのではなく、ジャガイモ事態に中毒症を起こすソラニンという成分が出来てしまい、加熱処理したりして食べても人によっては中毒症を起こすという事です。因みに筆者は食べてもなんら体調の変化はありませんでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました