Drama

らんまん綾女人禁制おなごが蔵に入ったらいかんですき!の歴史背景と現代

酒蔵 鮭を器に注ぐ Drama
この記事は約4分で読めます。

NHK朝ドラ『らんまん』が2023年4月3日から放送されています。

主人公万太郎が番頭の息子竹雄とケンカし酒蔵へ逃げる後を追い綾が
酒蔵の前で躊躇するが意を決して酒蔵の中に入った。
後ろから肩をたたかれ綾に杜氏の寅松(嶋尾康史)言った言葉が
【おなごが蔵に入ったらいかんですき!】
この言葉こそが女人禁制だった。
女は酒蔵に入ってはいけない。
女人禁制についての背景や歴史を調査しました。

 

女人禁制の歴史背景

「酒蔵 女人禁制」という言葉は、日本の酒造りの歴史において、
女性が酒造りをすることを禁じられていた時代を指します。
これには以下のような背景があります。

宗教的な要因: 酒造りは古代日本においては神事や儀式に深く関わる行為であり、
そのため男性のみが許されるとされていました。
特に神道の信仰が強かった時代には、
女性が酒造りをすることを禁じる風習が根付いていました。

家業としての酒造り: 酒造りは家業として代々継承されることが一般的であり、
男性が家業を継ぐことが期待されていました。
女性は結婚して他家に嫁ぐことが多かったため、
酒造りをすることができない状況がありました。

労働の過酷さ: 酒造りは農作業と同様に過酷な労働であり、
酒蔵内での重労働や厳しい環境下での作業が必要でした。
当時の社会的な制約や女性の身体的な弱さを理由に、
女性が酒造りをすることが制限されたと考えられています。

以上のような理由から、古代日本の酒造りでは女性の酒造りが
禁じられていたとされています。
しかし、現代の日本の酒造りでは性別に関係なく、
女性も男性も活躍することができるようになっています。
多様性や男女平等を尊重する社会の変化に伴い、
女性が酒造りの世界で活躍するケースも増えています。

酒蔵に女性が入る事による棲みつく微生物への影響

酒蔵に女性が入ることによる微生物への影響が直接的に
女人禁制の理由として挙げられたかどうかは明確ではありません。
しかし、酒造りにおける微生物の制御や管理は重要な要素であり、
当時の人々が女性の酒造りを避けた背後に微生物への影響を
考えた可能性があります。

女人禁制解放社会

女人禁制が変わったきっかけや仕掛け人についての詳細は諸説あり、
一概には言えませんが、以下のような要因が影響していたと考えられています。

戦時下の労働力不足

 第二次世界大戦中の日本では労働力不足が深刻であり、
男性が戦争に従軍したり労働に動員されたことで、
酒造りをはじめとする産業でも女性が酒造りに携わる必要性が生じました。
このような社会的背景により、女性が酒蔵に入る機会が増えました。

労働環境の改善

戦後の日本では労働環境の改善が進み、酒蔵の労働環境も改善されました。
従来の重労働や厳しい環境からの脱却が進み、
女性もより酒造りに参加しやすくなりました。

女性の社会進出の推進

日本社会における女性の社会進出が進み、
男女平等やジェンダー多様性を尊重する風潮が広まりました。
これにより、女性が酒造りをすることを容認する風潮が生まれ、
女人禁制が変わるきっかけとなりました。

酒造りの伝統と技術の継承

 酒造りは伝統的な技術と知識を重視する産業であり、
女性もまた酒造りの技術を持ち、
伝統を継承する存在であることが認識されるようになりました。
これにより、女性が酒造りに参加することが一層促進されました。

以上のような要因が絡み合い、女人禁制が変わり、
女性が酒蔵に参加し始めるようになりました。
女性が酒蔵に入ることが一般的に受け入れられるようになり、
女性の酒造りの存在が増えていきました。

また、女人禁制が変わるきっかけや仕掛け人には、
女性自身や女性の酒蔵への就職を支援する団体、
政府や自治体の政策などが関与していたとされています。
例えば、女性自身が酒造りを志し、
自らの技術や情熱を酒蔵にアピールしたことがきっかけとなり、
女性の酒造りが広まることがありました。
また、女性の酒蔵への就職を支援する団体や政府・自治体の政策により、
女性が酒蔵での労働を促進するための環境整備が行われ、
女性の酒造りが推進されたこともあります。

女性の酒造りの参加は

酒蔵の持つ伝統や技術を守りつつ、新しい視点やアイデアをもたらし、
酒の質や味の向上にもつながっています。
また、女性が酒蔵での活躍を通じて、性別に関係なく個々の能力や才能が
尊重されるような社会的な変化ももたらしました。

現代の日本においては、女性の酒造りが一般的に受け入れられ、
多様性を尊重する風潮が広まっています。
しかし、男女平等やジェンダー多様性を実現するためには、
さらなる取り組みや意識改革が必要であり、
女性が酒蔵での活躍をさらに推進していくことが望まれています。

酒蔵女人禁制まとめ

女性禁制の背景や歴史、現代における取り組みは多岐にわたりますが、
女性の酒蔵での活躍を促進するためには、教育や技術の普及、労働環境の改善、
ジェンダー平等の促進、社会的な意識の啓発、ネットワークの構築と支援、
政策や法律の改善、企業のリーダーシップの強化などの総合的な
取り組みが必要です。
女性が酒蔵での活躍を選択し、自己実現を追求できる社会的な環境を整備することで、
持続可能な酒造りの未来を築くことができるでしょう。

ONOをフォローする
健康寿命LIFE

コメント