shop

カスミのセルフレジの使い方とメリットとデメリット

スポンサーリンク
カスミストアーのセルフレジshop
この記事は約6分で読めます。

カスミストアーの清算のやり方には、大きく分けると2方式で
過去から継続されているレジに並びレジ担当に会計をしてもらう方式と
自分で自動精算機の導線の列に並び、順番が来たら自動精算機に移動し
清算前の台に買い物かごや商品を置き、清算済み様の台に買い物かごや袋を
用意(セット)し、バーコード有無を分けて機械に読み取らせ清算をする方式が
有ります。
様子を見ていると選択者は分かれているように見えます。

過去からのレジ担当方式を選ぶ方は新しい方式を試したくない方や
セルフ方式を使ったことが無い方が多い様に見えます。
きっとレジの間違いをしたくないし面倒くさいとか考えるのでしょう。

一度セルフレジを使ってみると、とてもスピーディーで間違う事も無い様に
想えますし、支払い時間が早くとても快適です。
今では、考えもせずセルフレジに直行です。

有人レジとセルフレジの特徴とメリットとデメリットを見ていきます。

スポンサーリンク

有人レジの特徴とメリットとデメリット

レジ担当を行うには、商品を正確に理解し正確な清算が必要不可欠でした。
レジの進化には人の目に変わるカメラの進化が有ります。
従来のカメラは撮影する機能だけでしたが、今は高度の認識機能を有しています。
商品内容分類や価格をバーコードやQRコードに収納する機能が格段に進歩した事と
読込速度が高速になった事で、商品にバーコードやQRコードを貼り付け、レジ担当者が
スキャン窓に商品のバーコードやQRコードをかざすだけで野菜や魚と価格情報を瞬時に
読み取り足し算を行い、合計し、支払合計額を提供します。

有人レジのメリットは、買い物者が商品の入った買い物かごをレジカウンターに
おけば、レジ担当者が清算をしてくれ、合計金額を購入者に伝えたら、
買い物のお客さんが、その金額を支払えばいいだけです。
支払い方法には現金派とクレジットカード派に分かれます。
後は持ち帰り用の袋やかごに入れれば終了です。
もっと簡略化するなら、持ち帰り用袋やかごをレジ担当に預ける事で、
商品の入れ替え不要で清算後直ぐに終了でき、店を後に出来ます。

有人レジのデメリット

有人レジのデメリットは、レジ担当者の処理速度が遅いと並ぶ時間が長くなる事です。
お客さんは、列が短い所に並び変える事が多い様に感じます。
少しでも早く処理したいと感じるからでしょう。
レジ担当者は、商品を一点づつ読み上げて行い間違いを無くすようにしている方もいますが一方独り言の様につぶやいている方もいます。

同一商品が複数の場合個数を入れてスキャン回数を少なくしたりの工夫をする方もいますが、全てスキャンする方もいます。
いずれにしてもレジ担当者が全てを正確に迅速に行う事が求められます。
正確だけではお客様は満足しません。
レジ打ち作業が遅いとお客は、遅いレジには並ばず列を変更します。
あまり遅いとお店の同僚や店長から注意される事もあるでしょう。
いずれにしてもお客様は早く終了したいのです。

レジ担当者のスキルの差も感じます。
一つの動作が遅い方や全体に遅い方に対し、両手を使い見るからに素早い方もいます。

レジ待ち時間でお客様の影響も見逃せません。
現金払いでお札で支払う方は早いですが、小銭をピッタリ出そうと、生産額を何回も見ながら財布と支払い額表示を見る方を見受けます。
お店側の悩むところです。(早く支払ってとは言えませんからね)

セルフレジのメリットとデメリット

セルフレジとはレジ担当の代りに自分で清算をする方式です。
セルフレジを可能にしたのは、スキャン性能が向上したからでしょう。
セルフレジが空いている時は、空いている精算機に行き、購入し未支払い商品を
右側の台に置き、左側の台に購入後の商品を入れる袋やかごを置きます。
支払方法をクレジット(デビットカード含む)か現金かを選択します。

バーコードが付いている商品が殆どですが、バーコード無し商品は商品パネルを確認し
該当する商品をタッチし個数を入力します。
同じ作業を続けて行い、全て終了すれば清算(タッチパネルのおわり)をタッチします。

清算にクレジットカード(デビットカード)を使うなら、支払機右側にカード読み取り機能があります。
クレジットカードを挿入し、奥まで入れます。
清算終了の表示と音声が出たらクレジットカードを抜き取ります。

現金で支払う場合は、現金専用支払機を選び、現金投入口に該当金額を入れます。
お釣りがある場合もお釣りが出ます。
より早く行うならクレジットカード(デビットカード)がおすすめです。

デメリットはバーコードのついた商品はバーコードを読み込ませればOKです。
野菜などで積み重ねてある商品を購入するとバーコード無し商品になりますので、
バーコード読み取りをしてもらえません。
バーコードがない場合は支払機の画面に商品の絵柄が並んでいますので、
大根やトマトやトウモロコシ等の絵柄をタッチし本数を1とか2等購入本数を
入力します。

加えて安全性を考慮するなら

新型コロナ感染予防の観点からも現金に触れず、カード一枚との接触で済むので
クレジットカード(デビットカード)をおすすめします。

家計簿管理の面から考えると、現金は、支払いの記録を別途メモやスマホの活用する等必要ですが、クレジットカード(デビットカード)は使用実績が残りますので、振り返りもでき有効だと感じます。
後々請求されるのが嫌いな方はデビットカードがおすすめです。
支払い直後に購入のメールが来て、支払額も確認でき安心な買い物が出来ます。

 

まとめ

カスミストアーの支払いには従来からのレジ担当の列に並び、
レジの方に清算をしていただく場合と自分で清算する方法が有ります。

レジが長いと思わず避け、レジの列が短い方を選びます。
レジが長い原因を見る事も必要だと思います。
レジ打ちが遅いのが長い列の原因なのか、
またはレジ担当者が支払金額を伝えてからお客さんがお札とコインを数えて
時間がかかるケースが有ります。
お客さんは、自分お支払いに集中しており、後に待つお客さんに気を配る事は少ない様に見受けられます。
レジ性能を向上させても、支払いの工夫がされないと列は短くなりません。
相手を思いレジのスムーズ化に互いに協力をしたいものです。

そんなレジですが、レジ担当を介さず自分でレジを行う、
セルフレジが定着して来ました。
セルフレジならではのメリットがあるので利用者が増えていると感じます。
メリットの一番は清算速度が速い事です。
自分で清算をするので、速度に納得です。
セルフでもクーポンやメリットを活用が出来ますので通常レジに劣る事は無いです。

クーポンを利用する場合は、読み取り終了後で清算前に係員を呼ぶ必要があります。
清算前にセルフレジのモニターの下側に担当を呼ぶというボタンが有りますので
5パーセント割引や10パーセント割引カードやクーポンを使いたい場合は
店員を呼びクーポンを有効の処理をしてもらえれば割引恩典が受けられます。
該当日には恩典を有効に活用しましょう。

清算後に10%クーポンやシニアパスポートや子育て支援などの割引を受けようとしても、
時すでに遅しになって適用されませんのでご注意ください。

カスミフードスクエアーのウエブサイトはこちらから見れます。
広告やチラシを見る事が出来ます。

またスマホをお持ちの方はトクバイアプリなどからチラシやお買い得商品等の情報を見る事が出来ますので便利です。

特売などアプリを使うと、自分の地域のお店の情報が出てきますので、
お買い物に便利なアプリとなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました